mv

多額の退職金は失敗のないように

多額の退職金は、失敗のないように、リスク分散するように言われます。一つの所に預金したり、不動産投資したりするのはリスクが高い事です。が、バラバラの運用する事にもいい事と悪いことがあり、メリットは、バラバラにすることで、丸々全部を一度に失うリスクを低減する可能性があります。悪いことは、分散することで、それぞれがリスクを増やす場合があるという仕組みです。個別にする事は危険が減って落ち着くこととは違います。

務めた会社を退任するときに、企業から貰い受けるもの、勤務先へ返却するものが少なからずあります。加えて雇用などの保険、年金、税金その他手順を知っておくとすぐ処理できます。退職後、ハローワーク、社会保険事務所、市町村役場、税務署などこれまでに知らない機関へ自分自身で来訪することになるのです。手続き方法やからくりを知っておくことは効果的なはずです。効率的に成し遂げて、新しいスタートを頑張ってほしいです。

退職金にも所得税と住民税がかかっていくのです。退職金を頂く前に定型の申告書を出していれば、所得にかかる税と住民税が計算されて給料天引きで税を納めるので、確定申告をしなくともいいのです。しかし、退職金と別の収入が少なく控除額がたくさんの場合、確定申告をすることで税が返金されることがあり得るのです。定年後、厚生年金や組合健康保険などの社会保険料を払った場合は、保険料控除に納税額を書き込み忘れてはもっての外です。